ほよよ

アクセスカウンタ

zoom RSS ためになる?情報用語講座 第二講

<<   作成日時 : 2005/09/09 08:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ゆでたまご,あなたは,先端の細いほうと下の太いほうとどっちから割りますか?
さっそく意味不明な出だしで始まりましたが,情報用語講座第二講です.
前回,MSB・LSBの話をしました.今回もそれに関連しています.

前回,MSB・LSBのBはBitだと書きましたが,Byteの場合もあります.
1Byte = 8Bitです.覚えておいて損はありません.
1KByteは1000Byteでなく1024Byteであるというのも豆知識ですね.
情報系では,10進数できりがよい数(1000)よりも2の階乗(2の10乗=1024)が
よく使われます.電算機は2進数だから処理しやすいという理由でしょうか.

で本題,MSB・LSBの末尾のBがByteのときは,
それぞれ最上位Byte,最下位Byteを表します.単位はバイト列です.
以下のバイト列があった場合

11111111 | 00000000
↑       ↑
MSB      LSB

となります.Bitと一緒ですね.
で,卵の話なんですが・・・.

ビッグエンディアン・リトルエンディアンというのを聞いたことはありますか?
インディアンじゃないですよ?卵の話です.

元ネタはガリバー旅行記で小人の戦争の種になったのがゆで卵を細いほうから割って食べるか
太いほうから割って食べるかという議論だったそうです.

で,ですね,それがMSB,LSBと何の関係があるかというと
2Byte以上のデータを送信したり記憶域に格納するときに
先に(若いアドレスに)MSBを送信(格納)し,
最後にLSBを送信(格納)する方式をビッグエンディアン方式と呼びます.
卵を太いほうから〜の人ですね.

逆に,LSBを先に,最後にMSBを〜という方式を
リトルエンディアン方式と呼びます.
卵を細いほうから〜の人です.

前者はモトローラ系で採用され,後者はIntel系で採用されています.
Windowsは後者ですね.

ちなみにインターネットで使われるTCP/IPはビッグエンディアン方式と定められています.

以下用語集.

ASCII24
@IT
e-Words

次回のテーマは未定です.
もし,あなたが,よく聞くけど意味がわからないので解説してほしい
という情報(IT)の用語があればコメントしてください.
まあ,私の知識とgoogle大先生を用いて,私の力で解説できないものはできませんが.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ためになる?情報用語講座 第二講 ほよよ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる